サイトを作成した際に、やっておくべきこと

サイト作成
このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

私はよくサイトを作るのですが、そのサイトを公開するにあたって、やっておくべきことをメモがてら残しておきます。

やはり、公開するのだからユーザーに見てもらわないと意味ないですよね。
なので、googleエンジンに登録やその他サイト運営の手助けとなるツールを使えるようにしておいた方がいいでしょう。

やるべきこと

解説

  • Googleのウェブマスターツールでホームページの登録
  • ウェブマスターツールとは、Googleが無料で提供しているサービスで、Googleでの検索結果のパフォーマンスを分析してくれるツールです。
    ホームページを登録することで、サイトがどういったキーワードで検索されて、検索したユーザーの内、何人がクリックしたか。などがわかります。
  • Googleのウェブマスターツールでサイトマップの登録
  • サイトマップを登録することで、Googleの検索エンジンに、サイトマップに記載されているURLを登録し、検索キーワードに応じて、検索結果に表示されるようになります。
    ※登録したURLすべてが、検索結果の表示対象になるわけではありません。Googleの判断基準に則って、検索結果に表示するかしないかを決めているようです。
  • Google Analyticsに登録
  • Google Analyticsとは、Googleが無料で提供しているサイトのアクセス解析サービスです。
    これを利用することによって、サイト訪問者や訪問者の動向を知ることができます。
    人気のあるページ、そうでないページ、ユーザー年齢層、PC・モバイル端末からのアクセスなどが把握できるため、それらの情報を元に、サイトの改善を図ることができます。
    では、Google Analyticsで知ることのできる情報を参考までにいくつかあげておきたいと思います。

    • 訪問ユーザー数
    • ページビュー数
    • 平均セッション数(ページを表示していた時間)
    • 直帰率(1ページだけ閲覧して、サイトから立ち去ったユーザーの割合)
    • どの国、市町村からアクセスしているか
    • どの言語を使用してアクセスしているか
    • ブラウザ、OS、プロパイダごとのアクセス
    • 画面の解像度別のアクセス
    • 現在リアルタイムでサイトを閲覧している数
    • ページのユーザーフロー(あるページから次にどのページに移ったかなど)
    • モバイル、タブレット、デスクトップ毎のアクセス割合
    • 新規訪問者、リピート訪問者の割合
    • ページ表示時間ごとの割合(表示時間が31-60秒のページ数など)
    • ユーザーの年齢、性別

    などなど、他にもたくさんの情報を知ることができます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">