404ページの作成

404_1
このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

  • 404ページとは
  • なぜ404?
  • 404ページの設置方法

404ページとは

ユーザーがWEBサイトにアクセスする際、そのURLがリンク切れなどで
ページが存在しない場合に、表示されるエラーページのことです。
このようなページを見かけたことはないでしょうか?
404_1

lucky3.sakura.ne.jp-testtest
これが404ページです。

なぜ404?

なぜ404ページというのか気になったことはないでしょうか?
WebブラウザがURLにアクセスしようとするとWebサーバーからHTTPステータスコードを受け取ります。このコードには、正常であることを示す200番やサーバー側が原因でWebブラウザの要求に対してリクエストに応えられないことを示す500番など様々なコードが返って来ます。

その中に、リクエストしたページが見つからない場合に返されるのが404番です。そのため、404ページといいます。

404ページの設置方法

設置するためには、次の作業が必要となります。

  • 1..htaccessの作成・編集
  • 2.404ページの作成

.htaccessの作成・編集

.htaccessは単なるテキストファイルですので、テキストエディタを開き、名前をつけて保存より「.htaccess」とつけて保存します。テキストの内容は、次のようにしてください。

 

.htaccessファイルは、サイトのルートディレクトリに置いてください。

Windowsの場合、さくらエディタから名前をつけて保存で「.htaccess」として保存してください。
標準のテキストだと、勝手に「.htaccess.txt」と保存されました。
また、エクスプローラーからファイル名を変更すると、拡張子だけと見なされ、「ファイル名を入力してください。」というエラーが発生します。

2.404ページの作成

次に、肝心の404ページの作成をします。

 

これを「.htaccess」ファイルと同じくルートディレクトリに設置します。
 

テスト

では、実際に404ページを表示させて見ましょう!
適当にありえないURLにアクセスしてみます。

cottagemap.localhost-test

きちんと表示されましたね。
これでは、質素すぎるので、サイトのレイアウトに合わせてトップページなどのリンクを貼っておくと良いでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">