Google検索オプションを使いこなし、目的の情報を確実に見つけよう

Google
このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

Google検索オプションを使いこなし、目的の情報を確実に見つけよう

Google検索は、多くの人が使用し、これ無くして、欲しい情報が手に入らないと言っても過言ではないでしょう。
しかし、単にキーワードを入力して検索するだけでは、目的の情報が手に入らない場合があるかもしれません。
そこで、Googleが用意している検索オプションを利用することで、より確実に目的の情報を探しましょう。

特定のキーワードでの絞り込み方法

検索キーワードの前後に「””(ダブルクォーテーション)」をつけることで特定のキーワードで絞り込むことができます。
例えば、豚骨ラーメンと調べた時は、「豚骨」と「ラーメン」とキーワードが別れた結果も表示されますが、「””(ダブルクォーテーション)」を付けることで「豚骨ラーメン」の1つのキーワードとして検索を行うことができます。

1-1

特定のキーワードを除外する方法

検索キーワードの前に「-(ハイフン)」をつけることで特定のキーワードを除外した検索結果を表示させることができます。
例えば、豚骨ラーメンと検索した際に、塩とんこつラーメンも表示されます。
しかし、塩とんこつはいらないという場合に「豚骨ラーメン -塩」と検索することで、塩を含む検索結果を除外することができます。

2-1

計算の結果表示

計算式を入力して検索することで、計算結果を表示してくれます。
例えば、「500 * 1.08」と消費税の計算式で検索すると、電卓と共に計算結果が表示されます。

3-1
3-2

サイト内検索

「site:http://mypace-freedom.net/」と入力することで、URLのサイト内を検索することができます。
「site:http://mypace-freedom.net/ surface」と入力することで、指定したURLのサイト内の「surface」と記載のあるページのみを表示させることができます。

4-1
4-2

複数のキーワードでいずれかを含むサイト検索

通常、複数のキーワードを入力するとそれらのキーワード全てを含むサイトの検索結果が表示されますが、これをAND検索と言います。
それに対して、「豚骨ラーメン OR 醤油ラーメン」と検索すると「豚骨ラーメン」か「醤油ラーメン」のいずれかを含むサイトの検索結果が表示されます。これをOR検索と言います。
※「OR」は半角大文字で入力する必要があります。

5-1

外貨計算

200ドルが何円か知りたいときは、「円 200ドル」と検索します。

6-1

天気予報

「weather: 東京」で東京の天気予報を調べることができます。

7-1

住所検索・郵便番号検索

「郵便番号 地名」でその場所の郵便番号を調べることができます。
また、郵便番号で検索すると住所を表示してくれます。
ハガキなどを送る際に、住所は分かるが、郵便番号がわからないという場合に役立ちます。

8-1
8-2

ファイル検索

「filetype:」でファイルの拡張子を指定することができます。
pdfファイルを検索したい場合、「filetype:pdf」で検索できます。
また、統計に関する資料を検索したい場合は、「filetype:pdf 統計」で検索できます。

9-1

単語の意味を調べる

「define:キーワード」で、キーワードの意味を調べることができます。

10-1

数値の範囲検索

「10000..30000」と検索することで、10000~30000の値を範囲を検索することができます。
例えば、スマートフォンを10000円~30000円で探しているというような場合に役立ちます。

11-1

道のり検索

「○○(現在地)から△△(目的地)」と検索することで、自動車、電車、徒歩の経路や時間を検索してくれます。
また、Google mapも合わせて表示してくれます。

12-1
12-2
12-3

日の出・日没時間

「日の出 東京」, 「日没 東京」で地域ごとの日の出、日没時間を検索することができます。

13-1

フライトの飛行状況の検索

飛行機のフライト状況を検索することができます。

14-1

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">